正しく服用できていますか?薬を服用する時のポイント5つ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
薬を飲む際に注意したい点5つはこれです。

体調が悪い時には薬を飲みますが、あなたは正しく薬を飲めていますか?薬を飲んだとしても、正しく服用しなければ、効果が弱くなったり、逆に強すぎてしまったり、体に悪影響が出ることもあるのです。

病気を早く治すためにも、薬の正しい飲み方のポイント5つをご紹介します。

薬を飲む正しいタイミングは?

薬を飲むタイミングを正しく理解していますか?薬を飲むタイミングには、食前や食後、寝る前などがありますが、これらをきちんと理解しているでしょうか?薬を飲む正しいタイミングを知っておきましょう。

<食事に関係したタイミング>
・食前=食事をする約30分前
・食直前=食事をする5~10分前
・食直後=食事後10分以内
・食後=食事をした約30分後
・食間=食事をした2時間後から食事をする2時間前

<そのほかのタイミング>
・起床時=起床後すぐ
・就寝前=就寝直前
・頓服時=頭痛や胸痛等の症状が出た時

食間は食事中ではなく、食事と食事の間に飲むことですので気をつけましょう。また、起床時に薬を服用する場合は、起床後すぐに薬を飲み、朝食は薬を飲んでから30分以上は空けるようにしてください。

就寝前に飲む薬は睡眠薬が多く、早いものだと服用後15分程度で効果が現れますので、飲んだらすぐにベッドに入るようにしましょう。

指示された量を守りましょう

薬を飲む時は医師に指示された量を守ってください。自己判断で薬の量を増減してしまうと、薬の効果が弱くなったり、逆に強く出すぎてしまいますので危険です。

たとえば、血糖値をコントロールする薬を飲んでいた場合、昨日の夜に食べ過ぎてしまったから、今日は血糖値を下げる薬を多めに飲んでおこうと自己判断で薬の量を増やしてしまったら、血糖値が下がりすぎて、低血糖症状を起こしてしまいます。

また、薬の代謝や排泄に関係している肝臓や腎臓に負担をかけることになり、肝機能低下や腎機能低下を起こす可能性もありますので、薬は指示された量を守って服用するようにしてください。

薬は指示された期間はきちんと飲みましょう

薬は指示された期間はきちんと飲み続けていますか?症状が良くなったからといって、薬がまだ残っているのに自己判断で薬を中断することはないでしょうか?

指示された期間、薬をきちんと飲まずに途中で中断してしまうと、一度症状が消えて治ったと思っても、またぶり返すことがあります。しかもぶり返した時は今までの薬が効かずにさらに厄介になっていることもあるんです。

たとえば、インフルエンザにかかり、抗インフルエンザ薬であるタミフルを処方されたとします。タミフルの服用期間は5日間と決められていますが、3日目で解熱して症状が良くなったから、もう服用しなくて良いかと勝手に自己中断してしまったらどうなるでしょう?

本来なら5日間服用し続けることで、体内のインフルエンザウイルスを完全に除去できるのですが、3日目で止めてしまうと、体内にインフルエンザウイルスが残ってしまいます。そこから、残ったウイルスが増殖を始めると、またインフルエンザがぶり返す可能性があります。

しかも、そのウイルスは進化してタミフルに耐性を持つことになり、タミフルが効かなくなるのです。そのタミフルに耐性を持つインフルエンザウイルスが広がったら、あなた1人の問題ではなくなりますよね。

ですから、薬は指示された期間、きちんと飲み続けるようにしてください。

薬は水で飲みましょう

あなたは薬を飲む時、どんな飲み物で薬を飲んでいますか?薬を飲む時は、基本的にコップ1杯の水や白湯で飲むようにしてください。

水は薬を飲みやすくするためだけのものではありません。薬を水と一緒に飲むことで、薬が胃の中で水に溶けて、吸収されやすくなるんです。

もし、水なしで飲んだら喉や食道に引っかかって炎症を起こしたり、潰瘍を作る原因になりますし、水が少なかったら吸収が遅くなったり、吸収される量が減少したりしますので、必ずコップ1杯の水で飲むようにしましょう。

水ではなくお茶やジュース、牛乳で飲みたいという人もいると思います。お茶は基本的にはOKですが、ジュースや牛乳は止めておきましょう。薬の種類によっては、ジュースや牛乳が薬の成分を分解したり、吸収を妨げてしまいます。

アルコール類は厳禁です。アルコールと一緒に薬を飲むと、薬の作用が強くなったり弱くなったりするだけでなく、重大な副作用が現れることもありますので、薬を服用している期間はアルコールを飲むのは控えて下さい。

薬の飲み合わせに注意!

薬を飲む時は飲み合わせに注意しましょう。薬の種類によっては食べ物に気をつけないと、相互作用を起こして悪い影響が出てしまいます。

飲み合わせに注意すべき薬の種類と食べ物の一例をご紹介します。

・降圧剤(カルシウム拮抗薬)+グレープフルーツ=血圧が下がりすぎたり、動悸などの不整脈が出る

・ワルファリン+納豆、青汁=血栓ができやすくなる

・一部の抗生物質+牛乳、ヨーグルト=カルシウムと結合して薬の効果がなくなる

・胃薬(制酸剤)+炭酸水=胃酸が中和できず、薬の効果が弱くなる

・風邪薬+コーヒー、コーラ=カフェインの過剰摂取の危険

「降圧剤+グレープフルーツ」や「ワルファリン+納豆、青汁」などは比較的有名ですし、処方の際に医師や薬剤師から注意を受けると思いますが、「胃薬+炭酸水」や「風邪薬+コーヒー、コーラ」などは普段は健康な人でも飲む機会が多い薬ですし、無意識のうちに一緒に飲む可能性がありますので気をつけてください。

風邪を引いたら、風邪薬と一緒に栄養ドリンクを飲む人も多いと思いますが、栄養ドリンクの中にはカフェインが含まれているものがありますので注意が必要です。

また、普段から薬を飲んでいる人が新たに薬を処方された場合は、薬同士の相互作用に注意しなければいけませんので、医師や薬剤師に相談するようにしてください。

普段から「お薬手帳」を活用しておくと、薬同士の相互作用による悪影響を未然に防ぐことができますので、医療機関や薬局に行く時は必ずお薬手帳を持参するようにしましょう。

まとめ

薬を飲む時は正しいタイミングで、指示された量と期間を守り、コップ1杯の水で、飲み合わせに注意するという5つのポイントを必ず注意するようにしましょう。

病気を早く治すために薬を飲んでいるのに、この5つのポイントを守らないと期待された効果を得られず、症状が悪化してしまうことがあるのです。

薬はあなたの健康を助けてくれるものですが、万能ではありません。正しく服用しないと、危険なこともありますので、薬に関して何か心配なことがあったら、自己判断をせず、処方した医師や薬剤師に相談するようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。