【死ぬかも危険】熱中症予防で絶対に避けたいNG飲み物と飲み方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
熱中症にならないように適切な水分補給をしましょう

熱中症は命を奪うほどの怖い病気です。命を落とさなくても、熱中症で重い後遺症が残り、寝たきりになってしまうこともあるのです。

熱中症の予防法といえば水分補給ですが、間違った水分補給をしていると、熱中症予防にならないこともありますので、熱中症予防に適した飲み物や水分補給のための飲み方を知って、この夏を乗り切りましょう!

熱中症予防にNGな飲み物と飲み方

熱中症予防に適した飲み物や水分補給の方法を知る前に、まずは熱中症予防にNGな飲み物や水分補給の方法を知っておきましょう。

アルコールは熱中症予防の水分補給の仕方としては間違っています。

熱中症予防にNGな飲み物

熱中症予防にならない飲み物は、尿の排出を促進するものです

つまり、利尿効果が高い飲み物ですね。利尿効果が高いと、飲んだ以上に尿が出ますので、水分補給をしているつもりでも、いつの間にか体が脱水状態になってしまいます。

アルコール類

利尿効果がある飲み物といえば、アルコール類です。

お酒を飲むとトイレが近くなりますよね。あれは、たくさん水分を取ったからというよりも、アルコールの利尿作用によるものなんです。

ゴルフや夏のレジャーでは、キンキンに冷えたビールで水分補給をしようとする人もいるかもしれませんが、水分補給にはなりませんので止めたほうが良いでしょう。

カフェインが多いもの

カフェインにも利尿作用がありますので、カフェインが多く含まれる飲み物も、熱中症予防には適していません。

薄めの緑茶ならまだ良いのですが、濃く淹れた緑茶やコーヒーはカフェインがたくさん含まれていますので、水分補給には適していません。

また、エナジードリンクもカフェインを大量に含んでいますから、水分補給目的で飲むのは止めましょう。

熱中症予防にNGな飲み方は?

水分を一度のたくさん摂取しても熱中症予防に効果的ではありません。

熱中症予防にならない飲み物をご紹介しましたが、次は熱中症予防にならない飲み方、水分補給の方法です。

熱中症予防にならない飲み方は、一気に水分を取ることです。

たとえば、朝に2リットルの水分をがぶ飲みして、水分をたくさん飲んだからその後はほとんど水分を取らないというのでは、熱中症予防になりません。

一度にたくさんの水分をとっても、腸で吸収できる水分量は限られていますし、胃腸に負担をかけることで、胃腸の機能を低下させることになります。

胃腸の機能が低下すれば、水分の吸収効率は落ちますので、熱中症予防にならないのです。

また、一気に飲めば余分な水分は尿として排出されますので、一度にがぶ飲みして、その後は水分補給をしないと、すぐに脱水になってしまいます。

熱中症予防に適した飲み物と飲み方

熱中症予防にNGな飲み物と飲み方を知った後は、熱中症予防に適した飲み物と飲み方を知りましょう。

熱中症予防に適した飲み物

ミネラル豊富な麦茶は熱中症予防に効果的です。

次に熱中症予防に適した飲み物をご紹介します。水分補給に適していて、熱中症予防の効果が高い飲み物は5つあります。

(1)水

熱中症予防に適した飲み物は水です。これは、基本中の基本ですよね。

水は余計なものが含まれていませんし、胃腸に負担をかけない飲み物ですから、熱中症予防のための水分補給に適しているのです。

(2)麦茶

麦茶も熱中症予防には適した飲み物です。麦茶にはカフェインが含まれていないので、強い利尿作用はなく、体内にしっかりと水分を留めておくことができます。

特に、ミネラル入りの麦茶は水分だけでなく、ナトリウムなど汗と一緒に失われてしまったミネラル分を一緒に摂取できますので、体の電解質バランスを保つこともできます。そのため、麦茶は熱中症予防にはピッタリの飲み物なんです。

(3)牛乳

熱中症予防に適した飲み物3つ目は牛乳です。

牛乳が熱中症予防に適しているなんて、ちょっと意外かもしれませんね。

牛乳にはアルブミンという物質がたっぷり含まれています。アルブミンとは、たんぱく質の一種で、血液内に水分をたくさん引き込む働きがあります。

牛乳を飲むことで、血液内のアルブミンを増やせば、血液量が増えるというわけなんです。

血液は酸素や栄養を運ぶだけでなく、体温調節にも一役買っています。

血液量が増えて、皮膚近くの末梢血管を流れる血液が増えれば、汗をかきやすくなりますし、血液の熱で皮膚から熱が放散しやすくなるのです。

つまり、牛乳を飲むと、水分補給ができるだけでなく、体温を下げやすくなるというわけなんですね。

(4)スポーツドリンク

熱中症予防には、スポーツドリンクも効果的です。スポーツドリンクは、ナトリウムやカリウムなどの電解質を含んでいますので、水分補給を行いながらも、電解質も補給できるというメリットがあります。

また、コンビニやスーパーマーケットで気軽に買えるということも嬉しいポイントですね。

ただ、糖分が多く含まれていて、カロリーも高めですので、糖尿病などの人にはあまりおすすめできません。

(5)経口補水液

熱中症予防に適した飲み物をご紹介してきましたが、熱中症予防にもっとも効果が高いとされている飲み物は経口補水液です。

経口補水液とは食塩とブドウ糖を溶かしたものです。これだけ聞くと、スポーツドリンクと同じと思うかもしれませんが、電解質の組成や濃度が体液に近いものになっていますので、経口補水液は体内にすばやく吸収され、胃腸への負担が少ないというメリットがあります。

経口補水液はもともと医療用に使われていたもので、飲む点滴とまで言われてるもので、高齢者や乳幼児などでも安心して飲むことができます。

熱中症予防に適した飲み方

では、最後に熱中症予防に適した飲み方をご紹介します。熱中症に適した水分補給法は、少しずつ飲むことです。

胃腸に負担をかけずに、効率よく水分を吸収するために、少しずつ頻回に水分補給をすると良いでしょう。1回にコップ1杯の量を飲むことが目安になります。

ただ、のどの渇きを覚えた場合は、のどの渇きが癒えるまで、量を気にせずに飲んでOKです。

のどが渇いているということは、すでに体内の水分が不足していて、体が水分を欲している証拠ですので、のどの渇きが癒えるまで飲んでOKです。

そして、飲み物の温度ですが、これはケースバイケースで使い分けましょう。

夏の屋外で運動をした時や、暑くて汗をかいた時は体を冷やすために冷たいもの(5~15℃)を飲むと、体を冷やしつつ、水分補給をすることができます。

でも、夏でも屋内にいて日常生活を送っている場合に、予防的に水分補給をする時は、冷たい飲み物だと胃腸に負担をかけて、食欲不振などの原因になりますので、常温の飲み物を飲むようにしてください。

まとめ

熱中症は効果的な水分補給をして、きちんと対策を取れば予防できる病気です。熱中症にならないためにも、予防に適した飲み物を正しい飲み方で飲むようにしましょう。

乳幼児や高齢者は、自分では正しい水分補給ができないことが多いですから、周囲の人が声をかけて、飲み物を用意し、水分補給を促してあげてくださいね!

こうした事は病院では看護師の仕事の一部でもあります。常に気をつけるようにしています。ところが、注意すべき看護師の方が、意外と熱中症になりやすいかもと思う事も多々あります。

身体的に相当きつい仕事なので暑い病棟で水分補給も忘れて仕事に集中せざるを得なかったなんて事も。そう言う時に看護師を辞めたいと思う人も多いみたいですね。看護師辞めたい時のやさしい処方箋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。